2.5次元アイドルと高校球児

いま、2.5次元のアイドルはすっごく流行していますよね。 「うたの☆プリンスさまっ♪」の流行を皮切りに、4.5年かけて多くの会社が企画を練りに練った作品が満を辞してのリリースして、さらに爆発的に需要が高まり、後発的にもその流行はとどまることを知らな…

この記事に出てくるネタが9割わかる人と友達になりたい

TLで結構キンプラのバレに遭遇します。 まあ、ガチ勢じゃないからいいんですけど、結構高頻度でみますね。みてるフォロワーが多いのか、少数精鋭が頑張っているのか。 わたしは5週目に優先権欲しさに行きます。ごめんなさい。それまで食いつないでくださって…

目覚めたばかりの一途な光を 君にあげる

とある曲の歌詞なんですけど、知ってる人いますか? テレビアニメ「モノクローム・ファクター」エンディングテーマ AWAKE〜僕のすべて〜 ですね このクソアニメ(褒めてる)は私が12歳。〜ちっちゃなムネのときめき〜ってくらいのときに放映されていたアニメ…

イキり過ぎた罰

今日は、システムエンジニアの面接を辞退し(昨日の段階で断りの連絡を入れた)、某ファッションブランドの面接も当日に辞退をした アパレル経験のある姉と、出発前に話になったのだ 「アパレルの選考行くの?長く続けられなくない?女だけの職場であんな重…

明るい日記

そろそろ明るい日記を書きたいので、明るい日記を書きました 自分では暗い日記書いてるつもりはないんですけど、精神が健全な人からはよくツイートが病んでるとか言われるので(病んでますか?) まあ、そんな人がわざわざこの日記開いて読むとは思えないで…

文字数が1832字なので、文キャンのレポートレベル

姉の彼氏が帰りました。 実家暮らしなのですが、うちは手作りご飯が出ないことが多いです。長女が作ってくれる日や、母親が作ってくれる日はあるにはありますが、基本的にセブンイレブンかほか弁かスーパーの弁当です。 小学生の時、具合が悪くなり保健室に…

変なこと?

今日、姉の彼氏が家に泊まりにくるんです。 先月も来ていて、来月は姉が彼氏の実家に行くんだそう。しかも、母親を連れて。 結婚前提?らしくて、親に挨拶をするのが常識だろうという母の考えから来ているんですね。 先月泊まりに来た時に母と私で少し話をし…

今日は、就活マッチングサービスの会社に行った。 まず「どういう軸で就活しているのか」と聞かれた。 少し考えればバカでもわかるが、この時期に就活相談に来る学生など、6/1の内々定解禁に遅れた意識の低い学生に決まっているのだ。 なので正直に「軸は定…

前戯の長すぎる童貞並の駄文

幼稚園、小学校、中学校、高校 それぞれで抱いていた夢は存外覚えている。 幼稚園はお花やさんだとかケーキ屋さんだとかを卒業文集?みたいのに書いた。 ただそれは姉や周りの子が書いていたからとりあえず書いた。 本当はアイドルになりたかった(モー娘。…

DearDream1stLIVE RealDream

就活だけど、息抜きも兼ねてライブに行った。 2.5次元アイドル応援プロジェクト「ドリフェス!」のユニット、DearDreamの1stLIVE "RealDream"である。 DearDreamとそのライバルユニットKUROFUNEが出演で、中の人がアミューズ所属でかっこよくてダンスもでき…

男の趣味が悪い〈性格編①〉

彼氏がいないことに定評があるが、くわえて男の趣味も悪い。 今回は好きな男の性格をピックアップして自己分析して行こうと思う。 性格の悪い男が好きだ。 というと少し語弊がある。 普通であれば選ばないような男が好きだ。 ちょっと気持ち悪いのが好きだ。…

人事「死亡理由をお聞かせください」

人事「死後の世界へようこそ。あなたのエントリーをお待ちしておりました。では、手始めに1分間で死亡理由をお聞かせください」 私「生きてることが嫌になったからです。なぜ嫌になったかというと、私は自分に向き合うことや嘘をつくことが苦手で、就職活動…

いつから高学歴が好きだと錯覚していた?

高校三年生の時青峰大輝くんと付き合っている妄想をしていたものだが、私の妄想の中の青峰くんは高卒だった。 私はというと、上智大学外国語学部英語学科もしくは青山学院大学文学部英米文学科に通っているキラキラな女子大生という設定だった。 青峰くんは…

ティンダーと花江夏樹

春休みに入るとほぼ同時にティンダーを始めた。 本来であればリベルエンタテインメントの新作「A3!」を始めていた頃合いだが、ティンダーに思いの外のめりこんでしまい、A3!にハマるのが遅くなった。 この8ヶ月、私は通知依存症になっていた。 花江夏樹似…

質問の意図がわからない

前のバイト先では新商品を店頭の入り口に近いところにディスプレイする慣例があった。 その時は店頭にキティちゃんとキティちゃんの家族がたくさんプリントされたマグカップやらクリアファイルや、キティちゃんたちのマスコットがたくさん並んでいた。 「ど…

ブログのタイトルもっとなんとかならなかったのか

誰がなんと言おうと最強は青峰やさいきん心の中の面接官がわたしが何かを考えるたびに「なんで?」と問いかけてきてやまないそこでわたしという人間が手っ取り早くわかる疑問は「なんで青峰くんがそんなに好きなの?」である結論からいうと理由はない。理由…