17日間のモラトリアム

 

アルバイト納めをしてきました。

 

 

私はどこをどう見ても社会不適合で、言われたことはやれない、注意力は散漫で、とにかく大学生になる前は「アルバイトはしたいけど、すぐやめてそう」「ていうか働けなさそう」と思っていました。

 

 

けど、アルバイトは同じところで3年間やりました。

 

ひとえに、一緒に働いていた人たちが心優しかったからだとおもいます。

 

 

 

大学生活は、恋愛、勉強、サークル、ボランティア、アルバイト、旅行、読書など趣味、自由な格好をする、飲み会、インターン、留学、ゼミ、就職活動など、たくさんやりたいことややらないといけないことが目白押しで、やれることなら誰でも全部うまくやりたいでしょう。

でも実際に3つでもうまくできればいい方だと思います。たぶん、というかできない理由のたいていがお金だと思います。

 

で、みんなお金が欲しいからアルバイトに比重をおく。

 

 

私もそうで、とにかくお金が欲しかった。

 

 

だけどお金のために働いている、貴重な時間を切り売りしている、という意識はなかった。

 

 

あたたかい人たちがいて、あたたかい職場で、毎日目新しいものに触れてきました。

 

 

昆布の量り売りをしたと思ったらチョコレートを売ったり、最終日は洋服を売ったし、ワインも売った。抽選もやったし、子供たちと縁日をしたり。お魚も売ったり、制服の採寸なんかもやりました。

 

昆布の量り売りはそうとう記憶に残っている、なんでなんだろう。

 

 

自分の大学生活、3つもなんかやり遂げたことがあるかはわからないけど、アルバイトだけは本当にやってよかった。

 

 

社会不適合の分際で苦しむことなくアルバイトを続けられたから、斉藤のイベントに行ったり、轟くんのグッズを買ったり、好きな洋服を買ったり、なりたい自分でいられた。

 

 

一生ぶんの職場運を使ってしまったのでは?と思えるくらいでした。

 

本当に楽しかった。