2017年が終わる

 

小さい頃って年越しジャンプとかして「年越しの瞬間地球にいなかった」とかいうやつやりませんでした?

おたくは年越しにジャンプの合併号を買って、明日(1/1月曜日)「今週のジャンプ読んだか?!チンコ!チンコだぞ!」って叫ぶ方の年越しジャンプやるか悩んでます。そしたら2倍楽しいですよね?

 

 

バイト終わりにファミマの旗を見たら「恵方巻き」って書いてあってビビりました。早すぎないか?

 

 

今年を振り返る意味ってなんかあるんだろうか?どうせあと3ヶ月後には「大学生活を振り返る」みたいなブログを書いているんだろうし、なんなら去年の年越しも同じように一年を振り返ったはずなのにいざ一年経てば「あれ?去年ってなに振り返った?」とか「いうて年越しの瞬間なにしてた?」とか思い出せないし…。無駄な気もする。

 

頑張って去年の年越しなにしてたかとか思い返そうとして「あ、そうだ、好きだった男の子(既読無視常習)にあけおめのラインを送るか送らないかで死ぬほど悩んでたんだ」って悲観ぶろうとおもったらツイッターが「ツイッター記念日です」って通知してくれたおかげで気づきました。ドリフェスのアプリの実況用アカウントを作って「黒石勇人は彼氏なんじゃないか?」って喚いてました。通常運転でした。

 

そんな風に無駄でしかない年越しのあれこれをなぜ私は繰り返すんだろうと思うけれど、1つは文章を書くことがまあまあ好きだから、なんだと思います。昨日も女体化した上鳴電気と轟くんが"""バブみエッチ"""するマジキチSSを書いていました。つまり今日何か長文を書かないと、年内最後に書いた長文がそれになってしまう。それは避けたい。まあ、理由の2つ目がこれですかね。(指示語が多い)

 

 

文章といえば、今年やったことをいい加減振り返ると、まず1つは編集実践の講義で作ったZINEが授業内投票でまあまあいい線いったのは嬉しかった。

小学校のときとか卒業文集とか書いて恥ずかしさに死にたくなったことあるから、同じ感覚を学生生活最後に味わってみるか〜って思って恥ずかしさにステ振した全力のZINEです。やるなら全力!って思ってとにかく恥ずかしいものを!とにかく痛いものを!って思って書きました。あとは幸か不幸か他の人が作ったZINEは文章メインのものが少なかったから余計異質になったんじゃないかな。

 

私は自分の感性とかまあまあ好きだけど、嫌いな人は嫌いだろうし、言って見れば校正もヘッタクレもない駄文が果たして文芸・ジャーナリズム論系で評価されるのか?!なんだこのビッチ顔、イキリ腐女子きめーな役満だぞヤ○マン!韻が踏めた!とかディスられたらどうしようって思ったんですけど、受け入れられた(?)ようで良かったです。

 

論系室は私の思い出の場所ですけど、扉を開けるとすぐ私の自撮りが表紙になったZINEが置いてあるので死ぬほど恥ずかしいですね。てかなんであれいつも一番上に積んであるの?下にしといていい?

 

ただあのZINEにも残念な点が1つあって、何かっていうと、大学生活最後の恥ずかしい本のはずなのに、轟くんのことが全く書いてないんですよ。なぜならあのZINEを作った2週間後くらいに突発的に轟くんを好きになったから…。いまから私と轟くんのZINE作ってもいい?そんで論系室に置いて置いてもいいかな?

 

 

なんでまたそんな半端なタイミングで轟くんのことを好きになったんだっていう話で、むしろ私の2017年下半期は全部轟くんなんだから、轟くんの話しろよって感じだ。

 

もともと去年からずっと轟くんのことはかっこいいと思ってて、きっかけはたまたま行った渋谷のピーパルでヒロアカのポップアップストア

に友達と立ち寄った時に見かけて「おい!なんだよこのウルトラマン!めちゃくちゃ顔がかっこいいじゃねえか!」って友達をどついたところから始まります。

そしたら友達が「ヒロアカはこいつしか人気ないからしんどいよ」って返事をくれました。それで「いま声優の追っかけしてるし忙しいからウルトラマンはまた今度ね。いつかね」って思ってスルーしました。

 

で、その何ヶ月か後に漫画読んだら「おい!やっぱりこのウルトラマンめちゃくちゃカッケーじゃねえか!」って思ったんですけど、その頃は斉藤壮馬は上がってたけど三次元に好きな人がいたのでスルーしました。

 

 

じゃあ、三次元に好きだった男の子に飽きたからハマったんですかっていうとちょっと違うんだけど。。。

 

就活が思ったより長引いてて、適当に行った面接で面接官がクソ冷たくてなんかもう死ぬか〜?好きな男の子に出会って一年経つけどなんも進展ねえし就活強者になってそいつのことギャフンって言わせるとか無理だしな〜そういえば一年前その子と満喫行ってゲロぶっかけたっけな〜と思って満喫に行ったんですけど、何読むか?って思って一通りジャンプの漫画は読んでたし「そういえば最近ツイッターで萌える二次創作見かけたな?多分ヒロアカだったな!ウルトラマンかっけえし読むか!」ってなってヒロアカ全巻読みました。

 

 

 

めちゃくちゃビビりました。

 

 

ウルトラマンめちゃくちゃかっこいいじゃないですか。

 

轟くんの人生のPCDAサイクルすごくないですか?きっかけも、それを踏まえてどうするかも、刺したらどういう問題があって、どう解決して行くことにしたのかとか、めちゃくちゃ明確ですごいなと思いました。

自分は就活中腐る程PCDAサイクルって言われまくりましたけど、そもそも「ある結果のために過程を振り返ることは積極的反証努力を欠いた極めて恣意的な自己満足」だとしか思っていないので、本当に無意味だと思っていてできないことだったのでなおさら轟くんをかっこいいと思いました。

 

 

だけど同時に「えっ?こいつ顔だけじゃなくて中身まで私が好きなやつじゃん、モロ私が好きなやつじゃん…怖っ…でもなんかあれだ、「萌える死ぬ」みたいな気持ちにならない…何このスッキリしない気持ち…」ってすごくモヤモヤしました。

 

その後しばらくして梶裕貴神のインタビューを拝読して「ああ、そうか、別にこれって、この話で「良かったね」で終わるわけないんだ。「良かったね」とかそういう結論付けられるのって、轟くんがヒーローになったときでしかないんだ。だからいまこの感情に答えなんてあるはずがないんだ」って思って轟くんのことはもっと好きになりました。それで今に至ります。

ていうか多分轟焦凍:オリジンがなかったら普通にヒロアカで一番好きだったの爆豪だったと思うしそこまでハマってなかったと思うだって爆豪の方が強いし(正直)。

 

 

轟くんにハマってタイミングよくヒーロー殺し編一挙上映と梶裕貴くんのバースデーイベントがあったのでどっちも行くことにしました。15年間オタクをやってきて初めて痛バッグなるものも作りました。

不思議な縁があって、どちらのイベントもどういうわけか最前列でした。最前列だ!と思ってチケットを購入したわけではないので、本当に偶然ですね。しかもバースデーイベントの方は単独開催は初(誕生日が土日でタイミングがあったのも初なんだとかなんとか)らしく、ハイタッチまでしてきました。すごかったです。オタクのすすり泣きが。

 

 

そういえば書き忘れたんですけど就活はヒロアカにハマってすぐ終わりました。たぶん面接行くのにカバンに缶バッジを忍ばせたおかげで緊張しなかったからだと思います。

内定先ですが、普通に面接に遅刻していきました。「あの〜いまコンビニの前にいるんですけどぉ、迷っちゃって〜15分とか?遅れますぅ、え?どのコンビニって、セブンです…ァ?セブンのある建物の上なんスか?や、すみませんたぶん違うっすね、なんか地図見たら全然違うとこいるんで、ほんとすみませぇん、もうしわけないですぅ」とか言ってヨユーに遅刻していきました。まあ、落ちたな〜ヒロアカのキャラポップストアでも行くために新宿行くか〜とか思ってたら電話きて、入社してほしいですって言われて普通にビビりました。

ちなみに内定式も迷って遅刻しそうになって近くの警備員のおじいちゃんに泣きつきました。バカなんだと思います。SPIもあったんですけど、それも中学受験で散々習ったはずのさんすうの問題がわからなかったというゴミです。

 

恐ろしいくらいのゴミですわたしは。

大学ではろくに勉強もしませんでしたし、就活も頑張りませんでした。というか就活やら勉強に限らず、卒論も頑張らなかったし、頑張らない/頑張れないことに関してはわたしの横に並ぶ人間はいないと思います。たぶんせっかく入社させてもらう内定先でも仕事をめちゃくちゃ頑張るってことはまずないと思います。だから来年の抱負に「仕事を頑張る」とかは挙げる気はないです。髪の毛も黒に戻すっちゃ戻すけど完全にブリーチを入れられないほどの黒染めはしません。四月を乗り切れるくらいの髪色にしとけばいいかな?って思ってます。配属先も自分が気に入らない場所になったらたぶんすぐ「辞めよ」って思うだろうし、なんなら来年のヒロアカの映画の轟くんの特典の週に有給取れないんだったら辞めます。そう思ってます。

 

来年の抱負は仕事を頑張ることでもなんでもなくて、来年も轟くんを好きでいたい、それくらいです。めちゃくちゃ飽きやすいんで自分。ここに全く書いてないけど思い返したら2017年はA3!にもハマったはずだしQUELLも好きになったはずなのに何も書いてないからね。

あとはこのブログを書きながらおもったけど、もう一回、今度は轟くんとわたしで、何かを書きたい。それくらいですかね。

 

 

2017年に書きたいことはたぶん書きました。

 

 

 

あとは最後に轟くんへ。

 

素敵なヒーローになってね。あと11日で誕生日だね!