人事「死亡理由をお聞かせください」

 

 

人事「死後の世界へようこそ。あなたのエントリーをお待ちしておりました。では、手始めに1分間で死亡理由をお聞かせください」

 

私「生きてることが嫌になったからです。なぜ嫌になったかというと、私は自分に向き合うことや嘘をつくことが苦手で、就職活動に行き詰ってしまい、安直な安心感を求め、死を選びました。生きている以上、就職活動に向き合わないとならない気がしたので」

 

人事「はいっ、ありがとうございます。1分より短いですが、まあいいでしょう。次はというとですね、天国か地獄か配属の配属ですが、基本的には本人の意向を聞くようにはしております。しかしながら必ずしもそこはご希望が通るわけではないということをご了承くださいませ」

 

私「地獄がいいです」

 

 

人事「ほう、こりゃあまた」

 

 

私「天国って、人生の成功者が行くところでしょう。私には到底似合いません。成功者だらけの環境でやっていけなかったのですから、こうして死んだわけですし。それに天国では、地球を上から見渡して、自分の家族が悲しむ姿や、恋人の姿を見ないといけないんでしょう。私は見たくありません。恋人はいないですし。」

 

人事「お言葉ですが、それでは現世と天国が嫌だから地獄を選んだように思えるのですが…。私どもは、地獄でならないといけない理由を知りたいのです。そんな生半可な気持ちで来られるほど、地獄は甘いところじゃないですよ」

 

私「ありがとうございます」

 

人事「では、面接はこれにて終了です。本日の結果に関してですが追ってご連絡しますのでしばしお待ちくださいませ。最後に聞きたいことはありますか?」

 

私「不採用であった場合どうなるんでしょう」

 

人事「もう一度エントリーし直してもらうことになります」

 

私「それでは、自然死した人々はいったいどのようにしてこの世界に来たのですか」

 

人事「コネ入社です。天下りのポストみたいなもんで、まあ、長生きへの功労として死ぬ権利を与えているので」

 

 

私「それでは、極悪人は?」

 

人事「インターンシップ参加者のようなもんです。極悪人の場合天国にはいけませんので、地獄への死亡理由を聞く間も無く配属が決定しますので、多少は有利でしょうね。死んだあとために前世で悪事を働いたわけですので。…質問は以上でよろしいでしょうか?」

 

 

 

いつから高学歴が好きだと錯覚していた?

 

高校三年生の時青峰大輝くんと付き合っている妄想をしていたものだが、私の妄想の中の青峰くんは高卒だった。

 

私はというと、上智大学国語学部英語学科もしくは青山学院大学文学部英米文学科に通っているキラキラな女子大生という設定だった。

 

 

青峰くんはバスケの推薦で大学進学を考えたいのだけれど、試合で脚を痛め、バスケを引退。大学にも進学せずに引きこもり。彼女の私は彼を心配し、学校の後には青峰くんの家を訪れ、バイトの話や学内の話をするのだった。

 

そうすると青峰くんは自分は引きこもっているのに彼女は毎日楽しそうで、どこかに消えてしまうのではないかと不安で私をブン殴った。ぶん殴られて意識の飛んだ私は病院に搬送される。そこで青峰くんは気付く、こいつがいなくなることがあるとしたら俺のせいだ…。青峰くんは誓う、一生私を大切にすると。

 

 

まあこういう心底くだらない妄想だった。

ちなみに早稲田大学に進学が決まった時は都合よく設定を変え、青峰くんを早稲田大学スポーツ科学部に進学させてあげることにした。(火神大我も中の人繋がりで早稲田大学スポーツ科学部に進学、緑間真太郎は早稲田大学教育学部理学科?みたいなところに進学、高尾和成は早稲田大学教育学部複合文化?みたいなところに進学、花宮真は早稲田大学法学部に進学、とあらゆる黒子のバスケの登場人物を脳内で早稲田大学に進学させたことは黒歴史であり、数少ない愛校心のあらわれである)(ちなみに今吉翔一はセンター試験の傾向の変化と出願倍率が読みきれず国公立落ち慶應法学部である)(花宮真と今吉翔一が早慶法学部というトンデモ胸熱設定である)(早稲田大学法学部を擬人化する時は福山潤さんでお願いします)(文学部は斉藤壮馬さん、文化構想学部は内山昂輝さんでお願いします)(それハイキューでよくない?)

 

 

 

話が逸れました

 

えっと、私の脳内では青峰くんは高卒設定だったし、よくてスポーツ科学部設定だったんです スポーツ科学部にしたのはおそらく進学先にたまたまスポーツ系の学部があったから脳内で通わせてみようと思ったらってのと火神の声優さんの出身だったから胸熱だったんじゃないでしょうか、まあ、とにかく大学なんてどうでもよかったんですね

 

 

そもそも思い返してみると高校時代付き合ってた青峰くんは本当に勉強ができなくて、私はよく青峰くんに勉強を教えてあげていました。

 

 

代わりに補習の課題を解いてあげたこともあります。「ありがとな、怜」って言ってもらえるのがうれしかったです。

えーっ!さとかちゃんあんなのと付き合ってるの!って言われるのがうれしかったです。そして恥ずかしくて、2人だけのひみつでした。

三つ編みを解いて青峰くんと放課後デートするのが楽しみでした。

頭のいい、地味な私と、運動ができて目立つ青峰くんは学内では付き合ってることを内緒にしていました。

 

 

もしくはこういう妄想もしていましたね。

帝光時代から既に付き合っていたんです。

修学旅行では2人でクラス行動に行かずに暑いバスの中で、パーキングエリアで買ったアイスクリームを半分こしました。一口よこせって言われてキスをしました。それが私のファーストキスです。ソーダ味でした。

自由行動も班を抜けてデートしました。夜に2人で肝試しもしました。

 

でも幸せな時間ってのは長くは続かなくて、私は両親の離婚、母親の再婚に伴い原一哉くんの義理の妹になり、霧崎第一高校に進学が決定します。そして青峰くんとサヨナラをします。

お兄ちゃんになった原一哉くんに帝光の出身だというと、高校からはバスケ部のマネージャーに抜擢され、キセキの弱点を教えてくれと言われるようになります。まあ当然、わからないんですけど。

そして試合で、青峰くんと再会します。

 

 

よくわかんないですね、まあ、何はともあれ、彼氏に学力は求めていなかったんです。

 

 

 

 

それがいつのまにか「言うて最低でも早慶では?」みたいな可愛げのない女になってしまったんでしょうね

ティンダーと花江夏樹

 

春休みに入るとほぼ同時にティンダーを始めた。

 

本来であればリベルエンタテインメントの新作「A3!」を始めていた頃合いだが、ティンダーに思いの外のめりこんでしまい、A3!にハマるのが遅くなった。

 

 

 

 

この8ヶ月、私は通知依存症になっていた。

花江夏樹似のメンと恋人未満の関係が8ヶ月続き、その間毎日来る日も来る日も「今日暇?」「そろそろ会いたいんだけど」という連絡を待ち続けたのだ。そのため彼氏もろくにいない分際で毎日おしゃれをして学校に行っていたのだった。放課後呼び出されてもすぐに行けるように。

 

夜眠りながら途中で起きて通知画面を見るというのを夏からずっとやっていた。夢の中でラインがきて慌てて返事をする夢も見た。何度か見たところで明晰夢を体得し、ラインが来る夢を見ると「夢なんだとわかっていてもついつい返事しちゃうな〜起きてから死にたくなるんだろうな〜ってところまで鮮明に思い出せるんだよね、死にたい」などと寝ていても気が休まらない日々だった。

 

 

そんな日々を終わりにしたかったわけではない。私は今でも連絡を待っているし連絡先を消すこともままならないので。

ただ、いつまでも待っていても仕方ない、春休みなんだもの、誘ってみなきゃ、と意を決して連絡をして既読無視をされた時に何かが崩れた。

 

誰でもいい、なんでもいい、とりあえず通知が来ればいい…。

 

 

そう思っていた時に友人がティンダーを始めているのを見た。暇な女子大生がやっているので知っていたが、身近な人が始めるとなるとまたイメージが変わって来て、出会い系というイメージはすこし払拭される。

どれくらいこれはのめりこめるアプリなんだろうか、と思い始めた。

 

通知がめっちゃ来る予感がした。

 

 

よくわからないがとりあえずそこそこに盛れたプロフィール写真にすると、かわいいね、頭いいんだね、というメッセージがたくさん届いた。通知が来るようにしたら、朝起きると90件とか、瞬く間に、そんな感じになった。

 

花江夏樹がタイプです」と書いていてもウェイとマッチできるのだ。早稲田大学構内であれば到底出会えなかったようなウェイが、慶應ボーイが、青学ボーイが、陰キャの私をライクし「かわいいね」などと言ってくれる現実。驚いた。私需要あったんだ。オタクだけど関係ないんだ。

 

花江夏樹に似てるって言われます!」「顔がですか?声がですか?」「指の数とか!」「ふーん!私花江くんの指の数のファンじゃないんですよ」「そっか…青春は残酷だな…」などと送って来る少年もいた。わざわざ花江夏樹で調べてくれたらしい。

 

他にも三代目J soul Brothersみたいなウェイから「花江夏樹って、東京喰種の金木くんですよね?」というメッセージが送られて来たり、金木くんのコスプレの青年からスーパーライクをされるなど、とにかく花江夏樹大勝利みたいな日々が続いた。

 

 

そんなときたまたまものすごく好みのイケメンを見つけてしまったのである。

釣り垢かもしれないと思いつつ壊滅的に顔の好みはどうしようもないので、会うことにした。

リスクのないチャンスはないと思い、家にいった。

 

明らかに学生の部屋とは思えない豪華な内装に違和感を覚えつつも、部屋に飾られた色紙に書かれた彼のあだ名をググって見ると読モであることが発覚した。

 

 

最初にティンダーで釣ったメンが読者モデル。うーん!ついてるぞ!無課金SSR!などと思いながら久々にいい気分で家に帰った。

 

家に帰り彼のツイッターを改めて見返すと、東京喰種の金木くんのコスプレをしていた。そっか、みんな花江夏樹が好きなんだな。私も花江夏樹が好きだよ。

 

 

 

 

 

質問の意図がわからない

 

前のバイト先では新商品を店頭の入り口に近いところにディスプレイする慣例があった。

 

その時は店頭にキティちゃんとキティちゃんの家族がたくさんプリントされたマグカップやらクリアファイルや、キティちゃんたちのマスコットがたくさん並んでいた。

 

「どうしてこの商品が店頭に出てるかわかる?なんでこんなところに置いているかわかる?」

 

そんなようなことを社員の一人に聞かれたので、いろいろ考えた。

 

新商品はそこに置く慣例だから。

けどそれだとなんかいま一歩踏み込めていないきがしたので、なんで新商品を店頭に置くのが慣例なのか、という質問だと解釈した。

 

ので、こう答えた。

 

 

 

「売りたいから」

 

 

 

メッッッッッチャ怒られた。

 

その人的な正解は「もうすぐキティちゃんのお誕生日で、みんなでお祝いしたいから」だそうだ。

 

 

 

でも、私だって「なんでこの時期にキティちゃんをこんなに大々的に宣伝するんだと思う?」と聞かれたらさすがに答えられたと思う。「キティちゃんのお誕生日だから」と。

(こういうことを言うと、でもでもだってが多すぎるとか言われるんだろう)(かと言ってそう思ったことを伝えると、それはあなたの憶測に過ぎないとか言うんだろう)

 

 

こんな風に、就活生が質問をきちんと答えられないのではなく、質問者の質問がアバウトすぎることもあると思うのだ。

 

 

それでああだこうだとはじかれてしまう。

 

 

 

基本的に私は他人に認められたいという考えで生きてはいない。

そもそもの生まれが普通の人間と違いすぎるからだ。

なので、認められようという気持ちで奮闘したことはない。

 

みんなすごいと思う、日本に生きているマジョリティの人々は。

個性を損なわない範囲で周りに溶け込むという才能がある。すごい。

私にはそういう意識が希薄なので、じゅんすいにすごいと思う。

就活はあらかじめそういう人のために用意されたフィールドなのではないだろうか。

 

 

私には耐えられない。

面接官がタイマーを持っていて、同時に話し出す就活生が。

タイマーを家で鳴らして練習する姿を想像するのが。

そして実際にそれをやるのが。

 

そうまでして生きないといけないんだろうか。

 

女の子は身体でも売ればいいじゃないか。

その方がまだ本当の自分を見てもらえるんじゃないか。

私は裸は見せてもエントリーシートは見せたくない。

周りに溶け込もうと必死になって、質問の意図すら理解できていないすっからかんの自分が、自分の判断基準とされることはいやだ。

 

それだったら人事に「スーツを脱いでください」とでも言われた方がましだ。そうであれば私も私で「スーツを脱いだあと、、、」みたいなBLありますよね、とかヘラヘラできるってもんだ。

 

ブログのタイトルもっとなんとかならなかったのか


誰がなんと言おうと最強は青峰や


さいきん心の中の面接官がわたしが何かを考えるたびに「なんで?」と問いかけてきてやまない


そこでわたしという人間が手っ取り早くわかる疑問は「なんで青峰くんがそんなに好きなの?」である



結論からいうと理由はない。

理由はないことには理由はある。

それは青峰くんのプレイスタイルがセオリーの通用しない次元のもので、きわめて崇高なものだからである。

どんなに適当に投げたボールでも青峰くんが投げたらそれはシュートになる。

どんなに誰が努力しても敵わない世界に青峰くんは一人で立ってる。

私は青峰くんのそこが好きだ。


人事「ほかの天才キャラとはどう違うの?」


はっきり言って天才キャラや要領がいいだけのキャラクターは腐るほどいるけれど、その中でも絶対的に青峰くんを支持する理由は、彼自身が光が強いほど影が濃くなることを体現しているからだ。

黒子という影じゃなくて、彼自身の闇というか、心の奥底の深い部分。

青峰くんはむかしは明るかった。その時の描写や回想がすごく丁寧に描かれているから、青峰くんの孤独に深みが増してて、それが青峰くんを魅力的にしている。



人事「赤司の方が強くない?」


はい、出ました。はい。

基本的に赤司最強論者のことは好きではない。

一応言っておくと青峰くんに1対1で勝てる奴はいない。

青峰くんに対して作中で「1対1であいつに勝てる奴いねーよ!」と言われているのは聞いたことがあると思うが、赤司に対して同じセリフが言われているだろうか?

帝王学?エンペラーアイ?よくわかんないけど、理屈で最強をねじ伏せようとしないでほしい。

青峰くんに理屈は通用しないので、そういう、設定を羅列して論破みたいなのはやめてください。足し算を習って喜んでる小学校1年生に「いや、割り算最強だしw」みたいに割り込んでくるようなもんだぞ。恥ずかしいと思わないのか。

チーム戦だったら赤司の方が強いかもしれないけど、個人だったら青峰の勝ちです。でもバスケは一人でやるものじゃないんで、この勝負はなかったことになります。はい、いいですか?



基本的に私の行動理念の何もかもにセオリーはありません。

お腹が減ったら授業中でもパンを食べます。

好きだと思ったらもう好きです。

嫌いと思ったらもうダメです。

そういう奴です。


人事「どうして理屈で生きられないの?」


はい!出ました!理屈でなんでも解決論!

はい!割り算最強説を唱える小学校三年生です!はい!



理屈で生きられないことに理屈はないです。